トップ

印刷文字

印刷物におけるフォントの注意点 

新聞や雑誌や本などの印刷物、交通標識、さらにはウェブサイトまで、日常生活で目にするほとんどのフォントは、明朝体とゴシック体のいずれかに分類されます。これらは読みやすさを重視して作られています。ですが、商業系を作成するDTPでは、さまざまな種類のものが使用されています。POP体や江戸風の江戸文字など、デザイン性の高いものもたくさんあります。しかし、システム環境によっては利用できない形式のものがあるなど、制約もあります。また、自動で異なるフォントに置き換えられてしまったり、レイアウト崩れや文字切れが起こる可能性もあるため、注意が必要です。各印刷物に合ったフォントを考えて工夫してみましょう。

印刷物に使われるフォント 

印刷物の大半は、windowsやmacを搭載したパソコンを用いて仕上げます。その為、様々フォントが用意されています。例えば代表的な物としてゴシック体や明朝体が挙げられます。ポスターや資料をつくるために使用されるゴシック体は、可読性・視認性などに優れています。複数の太さが用意されており用途によって使い分けることが出来ます。印刷物としてだけではなく、スライドとしても活用されています。レジュメなどを作る時に使われるフォントとしては、他に明朝体があります。これは、比較的長い文章を書くときによく利用されるようです。

効果的なフォントの情報

  • 印刷の技術は家庭にも
  • 今と昔の印刷の技術
  • 新着情報